« 保護メガネ | メイン | なんでも富士山2011三輪車レース 優勝 »

20日のレースに向けて

2/20(日)に三輪車レースがあります
去年まで参戦していた富士スピードウェイ主催のものではなく、なんでも富士山2011の催し物の一つになります

なので5時間耐久という本気度が求められるものではなく、富士山の標高にちなんだ3776秒耐久(約1時間)というライトなものです

レギュレーションもFCJに準じたもので、市販車かつ無改造のものに限定
車体自体は以前使ったものがあるのですが、長いこと放ってあったのと何の対処もせずに長時間・高負荷運用していたので、各部の状態に不安があります
走行不能状態に陥ってのリタイヤというのは避けたいので一通りメンテしてみました

IMG_0449.JPG
大人が(無理すれば)乗れる三輪車というと、ほとんどこのタイプになりますね

IMG_0450.JPG
ペダルが重いし、ワンウェイクラッチの動きも良くありません
もともと子供用なので耐久性を考慮した組み付けになっていないのでしょうか?

グリスがほとんど残ってないし、タール状にネチョネチョしてます
IMG_0452.JPG
大人が乗って5時間×2レース走ったのでグリスが飛んでしまったのか、元から少量しか塗布してなかったのか…?
ベアリングが使われてないのでグリス切れは致命的だなぁ
シャフトも少し"焼き"が入っているようです

軽くスプレーグリスを吹いて終わろうかと思っていたけど、色々と問題が出そうなので外せるところは外してみることにします
IMG_0453.JPG

ワンウェイクラッチ付きのハブは分解不可(SSTがあれば行けそうだったけど)なのでパーツクリーナーを使うのは避けて隙間からスプレーグリスを吹き込む程度に止めておきました
IMG_0454.JPG
動きは多少良くなりましたが、まだまだ渋さは残っています

ベアリングを使ってない部分はパーツクリーナーで古いグリスや汚れを落としたあと、グリスを塗布して組み直します

今回使ったグリス
IMG_0455.JPG
右:KURE シリコングリースメイト
左:袋入りグリース
どちらもウレア系グリスで耐熱性があるのでベアリングのない軸受けには丁度良いかと

リアタイヤもベアリングを使わずにシャフト(というかボルト?)を通してあっただけです
PH_148.jpg
以前のレースではこのシャフトが加熱するトラブルがありました
もともとシャフトにグリスが塗られてなかったのかも
シャフトや樹脂製カラー、タイヤをパーツクリーナーで洗浄してからグリスをたっぷり塗っておきました

全体的にボルト類の緩みが出てたので増し締めして、ブレーキも調整
PH_149.jpg
ホイールに振れが出ていますが樹脂製キャストホイールなので振れ取りができずブレーキが甘々状態になっています
まぁ、ブレーキがキッチリ効く状態にするとスピンする仕様なので甘いくらいで丁度良いみたいですが

とりあえず20日に向けてのこれで準備はOK

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://nyan.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1194

コメント (2)

kohtan:

ご無沙汰しています。

メンテ完了したようですね。
2/20のレース頑張ってください!
富士のイベント楽しそうですね。
HP確認しましたが、新富士駅の近くでしたね。

妻実家のそばなので応援いきたいところですが、
あいにく都合悪く勇姿を見に行けないのが残念です。

結果報告よろしくです!

猫人:

なんだかんだで手間をかけてしまいました(笑)
今回は(今回も)ライダーではないのでボチボチ写真を撮っておもうとおもいます
お祭りのなかで開催されるので、いつもより盛り上がるんじゃないかな、と期待しています
結果はなるたけ早くアップするようにしますね

コメントを投稿

About

2011年02月13日 16:56に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「保護メガネ」です。

次の投稿は「なんでも富士山2011三輪車レース 優勝」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

/YESTERDAY:Yesterday/ TODAY:Today