« 3連休 | メイン | 死亡フラグ?(汗) »

オイル交換+マイクロフロンΠ&マイクロセラ 添加

前回のオイル交換から2800Kmと多少交換時期には早いのですが、来週は遠出する予定があるので交換してしまいました
P1060278.JPG

用意したオイルは前回と同じカストロールXLXです
P1060275.JPG

ネットで見ると1缶/4Lが1000円切ってるところもあるようですが、自宅近辺では1380円が最安値っぽい
それに廃油処理箱を用意しなければならないので、トータルで見たら量販店で交換してもらった方が楽だし安上がりかもしれない
まぁ、自分で交換すれば添加剤を入れたりするのに気兼ねしなくていいってのが一番の理由なんだけど
あとは自己満足ね(笑)

今回はパワーアクセルマイクロフロンΠマイクロセラを添加
P1060274.JPG

マイクロフロンΠとマイクロセラは微粉末の状態になっているけれど、そのままオイルに混ぜ合わせるだけでは不均一になってしまい都合が悪いらしい
なので、マイクロセラΠとマイクロフロンに少量のエンジンオイル加えて乳鉢で混ぜ合わせてやる必要がある(これによって空気を押し出して均一に混合されるという)

添加量はパワーアクセルのWebSiteにはマイクロフロンΠ、マイクロセラ共にエンジンオイル4Lにつき4g添加ということなのだが、カタログではエンジンオイル4Lにつき付属のスプーン4杯となっている
試しにクッキングスケール(TANIA KD-173/表示精度1g)で量ってみたら、マイクロセラがスプーン4杯で約2g、マイクロセラΠは1g未満で表示できず、という結果になってしまった
"すりきり1杯"なのか"山盛り1杯"なのか判らないし、山盛りだと毎回量が変わってしまうと思うのだけど…
これはパワーアクセルに問い合わせた方がいいかもしれないな

とりあえず、今回は"すりきり"4杯で添加
P1060280.JPG
摺り合わせ始めは「プチプチ」という音が出るけど、丁寧に乳棒で擦っていくと乳白色(?)のトロっとした感じの液体になっていきます
どの程度混ぜれば良いのか判らないので5分ほど続けてみたが見た目には変化なし
更にエンジンオイルを足して十分に攪拌できたら、エンジンのオイルフィラーから投入(最初にエンジンオイルを2/3、次に混合したマイクロ(ry、最後に残ったエンジンオイルを投入)

早速、いつも試乗に使うルートを回ってみたけど、劇的な変化は感じられなかった
油圧計、油温計、バキューム計あたりがあれば変化が見れたのかもしれないけど、そんなカッコいい物は取り付けてないので体感で判断するしかない
確かにアイドリング時の震動が減っているけど、これは新油の効果なんじゃないのかな?
遅効性という話しだし、添加量についても不明なので、少し様子を見た方が良いかもしれないな

[追伸]
先日交換したドライブシャフトブーツですが、グリス漏れも確認できず問題ないようです
P1060282.JPG
まぁ、継ぎ目無しブーツなので当然といえば当然なのですがね(笑)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://nyan.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/764

コメントを投稿

About

2007年09月17日 17:31に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「3連休」です。

次の投稿は「死亡フラグ?(汗)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

/YESTERDAY:Yesterday/ TODAY:Today