« 蜂 | メイン | フォーミュランド・ラー飯能 »

ドライブシャフトブーツ交換

前回の作業でハブの固着が判明しているので、まずはドライブショップ井原さんにハブの脱着をお願いした
P1060255.JPG
ハブと格闘中のドライブショップ井原社長(^^;

「こりゃ酷いなぁ」といいつつ、約30分でハブの取り外しが完了
良い工具を使っているのもあるけど、やっぱりプロの知識と経験は違うよなぁ
錆落としまでやってもらって○千円は安すぎ!!

その後、実家へ移動してドライブシャフトブーツの交換作業を開始

まず、ハブナットはジャッキアップ前に緩めておく
大概固着しているのと、ジャッキアップしてしまうとドライブシャフトが空転してしまうのでタイヤが接地した状態でないと難しい(高トルクのインパクトレンチがあれば別だろうけど)
また、緩み防止のためのカシメてある(車種によってはコッターピン)ので、事前に処置しておく必要がある
V9040038.JPG

無事にハブナットが緩んだら、ジャッキアップをしてブレーキローターの交換と同じ要領でローターまで取り外しておく
サービスマニュアルではスタビライザーリンクとタイロッドも外すよう記載されているけれど、ドライブショップ井原さんでの作業を見ている限り必須ではないらしい

ナックルのボルトを抜いてショックと切り離したら、ハブを引き抜けば良い
今回はドライブショップ井原さんで抜いてもらったばかりなので手で引き抜けると思ったけど、そんなに甘くはなかった(^^;
当て木を添えつつドライブシャフト先端をハンマーで叩いて抜いたけど、やっぱりハブプーラーはあった方が良いな
#ハブプーラーは前回の作業でオシャカになったので捨ててしまった(苦笑)

P1060256.JPG
ハブが抜けた状態

破損したドライブシャフトブーツを取り除いて古いグリスを拭き取り、CVJの中はパーツクリーナーで十分に洗浄しておく
P1060257.JPG
洗浄中
パーツクリーナーを丸々2本使ったけど、まだグリスが残っている感じ…

今回は割れブーツを使用せず、伸縮性のあるシームレスブーツを使用
インサーター(コーン)使ってCVJを分解せずに装着が可能というもの → イメージ
一見、簡単そうに見えるけどゴム風船みたいに簡単に伸びてはくれず、滑りを良くするために吹いたシリコンスプレーが手に付着してブーツを保持できなくなる罠
やっぱり補助工具も買っておくべきだった_| ̄|○
1時間ほど格闘してコーンの大径側まで持って行った時には疲労困憊
握力もなくなってプルプルしてました(^^;

ブーツをドライブシャフトにセットしたら、付属のグリスではなくWAKO's CVJ-HDペーストを注入
これはCVJの異音を解消(軽減)できる数少ないケミカル剤なので、既にカリカリ音が出ているカルタスに使わない手はない
あとは、ブーツバンドをしっかり締めつけて、外した箇所を全て元通りにしたら完了

作業時間は工具の準備から全ての片づけまで含めて5時間くらい
まぁ、ジャッキアップやら色々な準備、休みを入れながらやっていたので実際は3時間もあれば大丈夫かな
ブーツとコーンのセットが1800円(ヤフオク)、CVJ-HDペーストが2500円(ヤフオク)なので送料を含めても通常の修理の1/2~1/3くらい、異音が出てなければ1~2割程度の費用で済んでしまう
ただ、工具もそれなりに必要なので、イチから揃えたら多分修理と同じくらいかかってしまうかもしれない
もっとも、専用工具はハブプーラーとC.Vジョイント バンディングツールくらいだから、これからもD.I.Yで何かやろうと思うなら、必要なものから揃えていくのは良いと思う

あと、割れブーツに関しては個人的には二度と使うことはないでしょう
使用した計4個は全て短期間で接合面が剥離してグリス漏れを起こしてしまったので
施工ミスがあったのかもしれないけど、4個が4個とも…とは考えにくいしね

おまけ
P1060258.JPG
うな~

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://nyan.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/740

コメントを投稿

About

2007年08月11日 20:38に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「」です。

次の投稿は「フォーミュランド・ラー飯能」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

/YESTERDAY:Yesterday/ TODAY:Today