« siecle eco114 | メイン | ステアリングラックブーツは大丈夫か? »

eco114 ファーストインプレッション

現在の仕様です
エンジン:ノーマルJ18型 走行約12万2千Km
プラグ:DENSO IRIDIUM POWER IK20
エアクリーナー:K&N ユニバーサルフィルター ツインテーパータイプ(オープンタイプ)
ミッション:M/T
マフラー:Tanabe HyperWagonMuffler 車検対応触媒以降交換
カタログ燃費:22.5Km/L(60Km/h定地) 14.0Km/L(10・15モード)
満タン法による平均燃費:12.66Km/L(過去32回の最大・最小燃費を除く30回分の平均)

リッチかリーンかは、本体から出ているループ線をカット/ジャンプで変更します
|★ループ線カット→ノーマル状態に比べ燃料が薄いセッティングです。
|★ループ線接続→ノーマル状態に比べ燃料が濃いセッティングです。
のですが
|モード切替ハーネスは以下の状況を除いては、切断して下さい!
|●むき出しのエアクリーナーを使用している。
|●車両の状態が極端なリーン(燃料値が薄い)状態になってい
|●ノッキングしている。
|●トルク感がなくなり、ノーマル状態より燃費が落ちた場合。
ということで、オープンタイプのエアクリーナーを使っているのでループ線はカットするなということらしいが、どっちも試してみることにした

ループ線ジャンプ(接続)
ゼロ発進の時のトルク感が増したというか、クラッチミートの瞬間に回転が落ち込むような感覚がなくなってスムーズになりました
逆に回転数を上げていくと多少モッサリした感じで、オイルの粘度を上げたような印象を受けました
ただ、取り付けの際にECUの学習がリセットされているので、eco114の影響ではなく以前とフィーリングが変わっているだけの可能性もあります

ループ線カット
ループ線ジャンプ時に比べてトルク感が薄くなりました
発進に苦労するということはないですが、慣れるまでは少し注意が必要かも
回転数はスムーズに上がっていくので、全体的な印象はループ線ジャンプの時よりも良いように思う

どちらにしても、近所を乗り回した程度のインプレなのでもう少し様子を見ないとなんとも言えないかな

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://nyan.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/747

コメントを投稿

About

2007年08月18日 17:49に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「siecle eco114」です。

次の投稿は「ステアリングラックブーツは大丈夫か?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

/YESTERDAY:Yesterday/ TODAY:Today