« リカバリ状況 | メイン | 明るいうちに帰宅 »

弱り目に祟り目

ドラッグストアに買い物へ行こうとHi-Rを引っ張り出してきた
サンダーUP IIでサルフェーション除去がうまくできていたようで、2週間放置でもセルが勢いよく回る......が、肝心のエンジンが始動しない
仕方がないので激しくキックをカマすがやっぱり始動せず
最後の手段ということで、カルタスのバッテリと直結してセルを連続で回してみるも、やはりエンジンが始動しない

ふと、セルを回しながらマフラーに手をかざしてみると、排気が全くない
よくみるとマフラーに泥のようなものが詰まっているではないか
これは何かの嫌がらせか????
と、焦りまくっているところで、以前にも同じようなことがあったのを思い出した
そういえば、去年もマフラーに何かの幼虫が詰まっていたこともあったよな…
えーと…もしかしてヂガバチとかアナバチなんかの巣にされてるってことじゃ(汗

去年は竹串でつついたら(餌とされたと思われる)幼虫がでてきたけど、今回は手応えもなし
そうとう奥まで突っ込んでグリグリしたけど排気が通らなかったので内部は致命的な状態になっているかも(涙)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://nyan.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/710

コメントを投稿

About

2007年07月08日 22:29に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「リカバリ状況」です。

次の投稿は「明るいうちに帰宅」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

/YESTERDAY:Yesterday/ TODAY:Today