« 作成中です | メイン | 雪と四輪駆動(2) »

雪と四輪駆動

今年は暖冬というか雪が降らないですね(基準は横浜(笑))
雪と言えば車は四輪駆動、というのが自分の中でのスタンダードだったんだけど、漠然とそう思っていただけなので、頭が悪いなりに考えてみた
以下戯れ言

二輪駆動と四輪駆動の違いは当然のことながら、エンジンの駆動力を二輪に伝えるか四輪に伝えるかということ
エンジンが発するトルクを100とした時、1輪に伝わるトルクは二輪駆動の場合は50、四輪駆動の場合は25ということになる
低μ路面で大きなトルクをかけるとタイヤはスリップしやすいので四輪駆動の方が有利ということになる

ただし、これはエンジントルクによる加速、またはエンジンブレーキによる減速の場合のことで、通常のブレーキの場合は、二輪駆動でも四輪駆動でも特性は変わらない
理由は各輪ごとにブレーキシステムがついているから
強く踏めば四輪駆動だろうが二輪駆動だろうがロックしやすくなる(まぁ、最近の車はほとんどABSがついているけど)

となると、四輪駆動に大きなメリットがないようにも思えてくるけど、車が走る場所は常に平坦ではないので、上り坂でトルクのかけられない二輪駆動より四輪駆動の方が安定した走行ができそうだ
それに、平坦な路面だったとしても二輪駆動でアクセルワークに神経質になるより、四輪駆動の方が負担が少ないということを考えると、やっぱり雪道には四輪駆動がいいんじゃないかな、と思う

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://nyan.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/546

コメントを投稿

About

2007年01月30日 00:29に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「作成中です」です。

次の投稿は「雪と四輪駆動(2)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

/YESTERDAY:Yesterday/ TODAY:Today