« 起動不能..... | メイン | 20年 »

液体関係交換

エンジンオイルの交換時期になったのと、8月の車検を前に液体関係の交換をしてみました

■エンジンオイル
今回は5000Km程での交換
思ったほどヘタりは出てない感じ
これなら交換サイクルを5000Km毎にしても大丈夫かな
オイルはいつものシェブロンシュープリーム(10W-40)で、毎度のことながらIXLを添加
同時にオイルフィルタも交換

PIAAのツインパワーフィルター
二種類の濾紙を組み合わせ目詰まりと抵抗を抑えつつ高い濾過性能を実現したもの、らしい(笑)
PIAAブランドを主張するような白いボディが見た目をひくけど、取り付けたら見えない罠(w

ガスケットに新しいエンジンオイルを少量塗布するのを忘れないように…

■ラジエタクーラント
リザーバタンクの中身がかなり濁っていたので気になっていた
ヤフオクで入手したWPMという添加剤(?)を試してみたかったというのもあって交換を実施

左からラジエタ洗浄剤、クーラント、バッテリ補充液、WPM

前の交換時期が不明なのでラジエタ洗浄剤を使ってみた.....成分を見ると「ポット洗浄中」と似たようなモンなんだね(笑)
エンジンが十分に暖まってサーモスタットが開くまでアイドリングしたらドレンコックを開いてクーラントを排出
ラジエタから排出された古いクーラント
新しいクーラント

ラジエタのドレンから抜いても多少は残ってしまうので、色がつかなくなるまで水道水で入れ換えをすること3回
WPM(1L)を入れてからクーラント(2L)を注ぎこみ、あとはパッテリ補充液を使って希釈....のつもりだったんだけど、買ってきたのは40%に調整されたクーラントだったことが発覚
「しょうがねぇなぁ」で一旦抜きたいところだっけど、先にWPMを入れてしまったのでそうはいかない
仕方がないので、リザーバに80%濃度のクーラントを入れておいた
徐々に濃いヤツが入っていくんじゃないかな.........と期待するのは甘いか(^^;
ちなみに、バッテリ補充液は100%精製水なので、水道水の塩素やミネラルウォーターのミネラル分を気にせず使えるのが便利

ちなみに、WPMは何かっていうと、微量な放射線が云々でマイナスイオンが云々となって、燃費やパワー・トルクに劇的な効果がある代物らしいです
こういったグッズは大好きというか、興味津々なので思わず買ってしまったという感じでヾ(^^;

■パワステフルード
サービスマニュアルを見ても交換手順が載ってないので、メーカーとしては交換不要としているのだろうか?
といっても間もなく10万Kmになろうとしているので、念のために交換

Webでネタを探すと、リザーバから抜き取って新油を入れて…を繰り返す方法と、パワステポンプからの戻りパイプを外して新油を継ぎ足していく方法があるらしい
効率が良いのは後者だけど、カルタスの場合はエアクリーナボックスやらパイプが邪魔をして作業がしづらいので、前者の方法で部分交換ということにした

ホームセンターで購入した洗浄ボトルを使ってリザーバから吸い出して、その代わりに新しいフルードを注入して、ステアリングを左右に何度か回して、再び吸い出してフルードを入れて…を繰り返す
買ってきたフルード(1L)を使い切ったけど、どの位の交換ができたかは.....?
まぁ、元々濁りとかも出てなかったし、気持ちの問題だと思うけど(^^;
ついでにパワステポンプなどの駆動系の保護のためにIXLを添加してみた

フルードが(部分的に)新しくなったせいか、ステアリングの応答が良くなったような気がする
気がするだけで何も変わってないかもしれないけど(^^;
今度は戻りパイプを外して全交換してみようかな

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://nyan.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/403

コメント (2)

Kick!:

毎回すごいですね!

根っからの貧乏性なので、そんなにマメには交換できないです・・・

それに前回入れていただいたIXLがもったいなくて当分オイル交換できそうも無いです(笑)

あれ以来エンジンの調子(変化)も安定してきましたが、やっぱり確実に良くなってますよ!
特に負荷に対してトルクが出てきたというかスムーズになったというか。

文章にするのは難しいですが兎に角スゴイことは確かです。

猫人:

エアコンガスへのX1添加のところでも書きましたが、やはり保険といったところですね
実際のところ、それほど手をかけなくても壊れないのかもしれませんが
まぁ、本音を言えば自己満足というか(笑)
オイルは1qtあたり200円×4qtとバーゲンセール並の価格のものですし、IXLも一回分の添加では数百円程度で済んでいます
交換サイクルは概ね3~4カ月ですから、掛け捨て保険と考えても案外安いものです
ちなみに、クーラントも80%濃度のものが2Lで600円程度、パワステフルードは1Lで880円です

IXLを添加すると交換サイクルを長くできるそうですよ
どの程度までOKなのかは判りませんが(^^;
試験的に今まで3300Km毎にやっていたオイル交換を5000Kmにしてみましたが、オイル自体はまだ元気そうでした

コメントを投稿

About

2006年06月17日 22:35に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「起動不能.....」です。

次の投稿は「20年」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

/YESTERDAY:Yesterday/ TODAY:Today