« カルタスのツーショット | メイン | きっつぅ..... »

カルタス入院

駐車中のカルタスがオカマを掘られて入院しますたorz

それは5/10未明のこと
突然のインタフォンのチャイムで起こされたのは、午前3時ごろのこと
定まらない思考をなんとかフル動員して玄関を開けたら、そこに立っていたのは警官でした
「お宅の車が事故に遭いました」と言われても、なんの事か理解できずに「( ゚Д゚)ハァ?」としか言えなかった(と思う)

話しを聞いていくと、道路に面した駐車場に止めていたカルタスに突撃をかけた車がいるということ
少し離れたところにRX-8が停まっていて、そこにもう一人の警官とスーツ姿の男がいて、その車が突撃をかけたということ
とりあえず、被害の有無を確認してほしいというので、カルタスを見に行ったら見た目は変化無し....のように見えたけど、妙にマフラーが飛び出している
というか、バンパーが奥に入ってしまったせいで、マフラーのエンドパイプが露出してしまった感じになっていた

その旨を伝えると被害確認できたということで、スーツ男とご対面
つか、足元がヤケにフラフラしてないか?
そんなことを思っていたら、急に土下座なんかし始めて誤り始めるスーツ男
よくTVの特番で見るシーンだけど、そんなことをされても嬉しくもなんともない(眠いし)
「そんなことはいいから、とにかく話しをしよう」と言ってるのに土下座を続けて、脇の警察官も呆れまくり
強引に立たせて話し合いをするよう説得しようとするが、足元はフラフラ、呂律は回らない、そしてアルコール臭のする吐息が決めてになって「あなた、お酒飲んでるでしょう」と

とりあえず、弁償(修理)の意志と相手の連絡先を聞き出し、警察官にそれを見せて間違いのないことを確認したのち、スーツ男はパトカーの中に連れていかれた
きっと、アルコール検査をされるのだろう
どっちにしても同情なんかないし、とにかく眠いので警官に一言お礼を言って布団に戻った
...のは良いのだが、変なタイミングで起こされたせいか、眠いのに全然眠れなかった


そして今日、いつも純正部品の手配でお世話になっているSUZUKIアリーナ店にカルタスを預けてきました
現車を見ながら事故状況を説明

バンパーは見るからに押したのが判るけど、念のためにフロントの足周りの方もチェックしてもらうことをお願いした
フロントタイヤが駐車場の輪止めに接地していたので、押した時の影響が出ている可能性もあるので

代車費用も相手の保険で賄えるので、SUZUKIアリーナ店側でレンタカーで手配
「軽自動車じゃなきゃなんでもいいよ」とは言ったものの、小型のハッチバックとでも言っておけば良かった(^^;
届いていたのはマツダのファミリアセダンでした
久々のAT車でフカフカなシート
いつもの違う感覚なので戸惑ってしまった.....この感覚に慣れる前にカルタスが戻ってきてほしいものだ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://nyan.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/386

コメントを投稿

About

2006年05月14日 23:58に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「カルタスのツーショット」です。

次の投稿は「きっつぅ.....」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

/YESTERDAY:Yesterday/ TODAY:Today