« ブレーキフルード交換 | メイン | ケ....ケツ筋が... »

死に体

実家のPCの動作が日に日に重くなっていくというので、本格的に原因調査に乗り出した
確かにログインしてからHDDアクセスランプが点きっぱなしで、何かをするにもエラい時間がかかってしまう
とりあえず、半バラくらいにして、DVD-ROMドライブとFDDを外して、メモリも1枚だけ挿した状態で電源ON
状況としては変わらないので、SafeModeで再起動させてウィルススキャンとAD-AWARE、Spybot S&Dで悪さをするようなモノが仕組まれてないかのチェック.....これも問題が見つからなかった

この状況でHDDに耳を近づけたところ、「カリリ...カリ....カリリ...カリ....カリリ...カリ....」と規則性のある音が聞こえた
もしかして...とディスクチェックを走らせたら、不良クラスタを大量に検出orz
どうやら、HDDのアクセスエラーでリトライが走りまくっていたのが原因らしい
検出された不良クラスタには蓋をして、一応はマトモに使えるような状態にはなったけど、経験的に一時凌ぎにかならんハズなので、データが救えるうちにHDDの交換を提案
その回答として「あんまり使ってないからいいよ」と
まぁ、本人がいいって言うんだから良いのだろうけど、実際にHDDあぼんしてからデータを救出してくれとか言ってきそうなんだよな....
とりあえず、本当にぶっ壊れたら全てがなくなるんだぞ、と脅しておいたけど、人ごとみたいな顔をしていたっけ
何かあっても、し~らないっと

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://nyan.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/339

コメントを投稿

About

2006年03月26日 23:55に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ブレーキフルード交換」です。

次の投稿は「ケ....ケツ筋が...」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

/YESTERDAY:Yesterday/ TODAY:Today