« 借り物でパワーアップ | メイン | 死に体 »

ブレーキフルード交換

ブレーキの効きとタッチに違和感があったので、エア抜きを兼ねてフルードの交換をした

クリックすると拡大します

車種によってはバッテリを外した方が良いということなので、理屈は判らないけど倣ってマイナス端子を外してみた
クリックすると拡大します

ウマ(ジャッキスタンド)をかけて、保険のために車体下にタイヤを置いておく
クリックすると拡大します

まずは、右リアから作業開始
エア抜き用バルブは固く締まっていることがあるので、メガネレンチをかけてほんの少しだけ緩めてから、ワンマンブリーダーのホースを接続する
バルブのネジ部からフルードが染みだすことがあるので、バルブの根元にショップタオルなどを巻いておいた方がいい
どの程度の効果があるか判らないけど、キャリパーやABSのアクチュエータをプラハンなので軽くコンコンしておくと、張りついた気泡も取り除ける...らしい
クリックすると拡大します

スパナでエア抜き用バルブを緩めてから、ブレーキペダルを踏み込んでいくと、フルードが押し出されてくる
ワンウェイバルブ付きなので誰かに手伝ってもらいつつタイミングを合わせつつ作業する手間がないので楽だ
あとは、ブレーキフルードのリザーバタンクを空にしないように注意をしながら、古いフルードが全て押し出されるまで繰り返す
※万が一リザーバタンクを空にしてしまった場合は、最初からエア抜きをやり直す必要があるので要注意

んで、
クリックすると拡大します
出てくる、出てくる
クリックすると拡大します
気泡というより、空気そのものというか
クリックすると拡大します
これはちょっと
クリックすると拡大します
酷いんじゃない?

これだけエアが混入しているってのはどうなんだろ?
ブレーキの使いすぎというより、以前のフルード交換やエア抜きの作業ミスって可能性が高いような気がする

フルードは0.5Lの缶を2本用意しておいたけど、0.4L近くを使ってやっと大きな気泡が出なくなった
といっても、マイクロバブルが残っている感じだったので、まだまだ足りないか? しかし、フルードが足りなくなりそうだったので妥協
エア抜き用バルブを締めつけたあとフルードをこぼさないようにホースを外して、周辺をブレーキクリーナーで洗浄してからキャップをして完了
同じ要領でリア左→フロント右→フロント左で作業を行う(順番が正しいかどうかは不明)

ちなみに、排出されたフルードの色はこんな感じ
クリックすると拡大します
でろ~ん....

交換した後は、明らかにタッチが変わって制動力も増したけど、まだ何かフニャっとした感じが残っている気がする
しばらく様子を見て、気になるようだったら、もう一度エア抜きをやってみたいと思う

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://nyan.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/338

コメントを投稿

About

2006年03月26日 23:28に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「借り物でパワーアップ」です。

次の投稿は「死に体」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

/YESTERDAY:Yesterday/ TODAY:Today