« モニター当選 | メイン | Bフレッツ導入? »

SEMチューナー(ULTIMA)(M)取り付け

昨日送られてきたSEMチューナー(ULTIMA)(M)を早速取り付け

気になる車体後部で試してみたかったけど、フロント周りの方が効果が判りやすいだろうと勝手に判断してAピラーに取り付けてみた
できるだけ密着させた方が効果が得られやすいというので、下側ドアヒンジ付近の平面部分に取り付けることにした(黄色い楕円部分)
クリックすると拡大します

とりあえず、貼り付ける部分をシリコンオフで汚れを落とす
クリックすると拡大します

できるだけ密着させるように接触面に付属のシリコングリスを塗布する
クリックすると拡大します
・・・・これは塗りすぎ(^^;

あとは、位置を確認しつつ貼り付ける
クリックすると拡大します
ベースがフェライト磁石なので手を離しても落ちることはない

その隙に付属のアルミテープ.....ではなく、銅箔テープで固定
(反射材としてならアルミより銅だろうっていう勝手な判断による)
クリックすると拡大します
テープが斜めになってしまった....相変わらずの不器用っぷり(^^;

エナジーが伝搬する(馴染む?)には一週間程度を要するということなので、期待せずに軽く近所を一周してみた

フロントに装着しているモンローのショックは微細なギャップは吸収してくれるので、元々乗り心地は酷いものではないが、スプリングのバネレートが上がっている分はゴツゴツとしている
だいぶ年季の入ったボディなので、路面の状態によってはボディが受け止めきれずに嫌なショックを感じてしまう
特にカーブの途中に橋の継ぎ目がある箇所はショックの方もロールを抑えるように作用しているので、症状が顕著に現れる・・・・・のだが、どういうワケだか、ソレが緩和しているような気がする

まぁ、気のせいだよね、プラシーボ効果ってことで(笑)
とりあえず、モニターレポートのためにもしばらく様子を見てみようと思う

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://nyan.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/285

コメントを投稿

About

2006年02月11日 14:45に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「モニター当選」です。

次の投稿は「Bフレッツ導入?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

/YESTERDAY:Yesterday/ TODAY:Today