« V904T? | メイン | 無線LAN不調 »

発泡ウレタン

後輩と話しをしている時にエアロの補強で発泡ウレタンを使う話しになった
サイドシルに充填するような発泡性の高いものではなくて、2倍程度の1液タイプのものをエアロの裏側から吹いておくというもの
ヒットした時に割れはしても破片が飛び散ったりしないところがミソのよう
ぐぐってみるとワリとポピュラーな手法だった模様
装着を予定しているスズスポバンパーはFRP製だからヒットさせた時のことが心配だったんだよね
あと、サイドステップも修繕したら補強のためにウレタンを吹いてみることにしよう

1液タイプのものでもそれなりの硬さがあるというので、パーツの型取りに使えないものかな?
シリコンスプレーを吹いておけば簡単に剥離できるっていう話しだしね

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://nyan.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/281

コメント (4)

Kick!:

私もそれを以前検討しました。

強度や安全性を考えると大変効果があるのですが問題点もあります。
もし、万が一ぶつけて破損した際に補修が聞かなくなるということです(割れ方にもよりますが)。

破損を補修した際の強度確保の為表面だけでなく裏面からの樹脂と繊維補修が必要なのですが、発泡ウレタンによりその作業が出来なくなります。
ウレタンを剥がせるようにシリコンを吹いておくと今度は強度確保の意味がなくなりますし・・・

エアロのコピーは出来ますよ。
もとになるモックアップを作って、それをウレタンで囲む⇒これで雌型完成、あとは真空成型にするか再度発泡ウレタンでコピーするかで雄型の必要性は変わりますが。
私はモックアップを作り、ウレタンで型取り、再度ウレタンでコピーをしてサイドステップとリアウィングを作る案を検討しています。

猫人:

う~ん、ケースバイケースというか、メリットもデメリットもあるんですね
一度装着してからエアロのリップと地上高の比較をしてから検討した方がよさそうですね
(フォグランプを取り付ける都合で、多分エアロのリップよりは地上高が上がると思いますが)

エアロの型取りもまだ検討段階です
既存のサイドステップの型を取って雌型とし、そのままFRPの貼り付け、その上からウレタンを適当な厚さに吹いてから剥離....って素人考えをしているところです
ただ、サイドステップの型を取るのに何本のウレタンスプレーが必要なのかを考えるとコスト的に....
二液タイプだと安いけど発泡率が高くて扱いづらそうだし、難しいところです

Kick!:

それと、離型剤はシリコンスプレーの他に(紙の)ガムテープという手もあります。

欠点は曲面を離型するのに使うとテープの段差が成型するものに反映してしまうことです。

そのかわりにシリコンスプレーと違って離型処理のムラが出来にくいのと対象の表面処理でパテや塗料が弾かれないのが良い点です。

サイドステップなどの長モノで直線のときには有利なのでシリコンとガムテの同時利用が良いかもしれません。

猫人:

そういえば、以前良く見ていたサイトではマスキングテープを貼った上に離型ワックスを塗っていました
色々な技があるもんなんですね
しかし、いきなり大物に挑むより、小さめのもので練習をした方がよさそうですね
自他共に認める不器用なものでして(^^;
#そして大雑把な性格も(^^;;;;

コメントを投稿

About

2006年02月07日 22:12に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「V904T?」です。

次の投稿は「無線LAN不調」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

/YESTERDAY:Yesterday/ TODAY:Today