« オイル交換 | メイン | 足周り交換 »

ブレーキパッドの交換

Projec-μ B-SPECはいいパッドだと思うけど、ちょっとブレーキダストが多めなのが悩み
つか、走行会後は街乗りしかしてないんだから、B-SPECじゃなくてもいいだろうってんで、前のパッドに戻すことにした

ジャッキアップとウマ掛けは足周り交換と平行作業だったので割愛(笑)

前に使っていたのはAcre SuperFighterで通称5000円パッド
走行距離はあまりなかったけど走行会に合わせてB-SPECに変更したので予備用として保管してあった

キャリパー裏面のボルト1本を抜いて、もう1本は緩める程度にしておく
キャリパーを持ち上げて紐で吊っておくと作業がしやすいだけでなく、キャリパーに指を挟まれたりするのを防ぐことができる
クリックすると拡大します

新品のパッドに交換するわけではないので、念のためにパーツクリーナーで洗浄しておく
今まで使用していたProject-μ B-SPEC(向かって左)とAcre SuperFighter(向かって右)
クリックすると拡大します

パッドとシムの合わせ面に鳴き止めグリス(がないので、耐熱スクリューグリスで代用(^^;)を塗布
パッドを組み付ける前に、ブレーキピストンを押し戻しておく必要がある(パッドの磨耗に対応して徐々に出てくるため)
以前はウォーターポンププライヤで強引に押し込んでいたけど、今回からはブレーキピストンスプレッダを導入したので、この作業は非常に楽にできた
パッドを組み付けてキャリパーを戻す
念のためにボルトにはスクリューグリスを塗布しておいた

ブレーキピストンが開いた状態にあるので、これを適切な位置に調整しなけれぱならない
これをやらないと全くブレーキが効かない状態を体験するハメになって大変危険
やることは簡単でエンジンをかけてブレーキペダルを何度か踏み込んで普段と同じくらいの踏み応えになればOK
念のためにエンジンをいったん切ってから、同じ作業を2~3回繰り返すと良いと思う

できれば公道に出る前にちゃんとブレーキが効くか試しておいた方が良いが、無理なら周囲の安全を確認した上でブレーキのテストをする

んで、ダウングレードした感想はというと

「と、止まんねぇ!!」


B-SPECに比べて初期制動が落ちるようで、B-SPECの感覚で踏むと制動力が足りない感じ
流石にすぐに慣れたけど(笑)
あとは、MagicalStopでローター共々コーティングしてしまえばいいよね

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://nyan.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/259

コメントを投稿

About

2006年01月22日 22:22に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「オイル交換」です。

次の投稿は「足周り交換」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

/YESTERDAY:Yesterday/ TODAY:Today