« ポイント3倍!! | メイン | 間違い電話 »

スズスポバンパーの塗装

なかなか時間がとれなかったけど、なんとか塗装までやりました
乾燥はしていたけど、風が強くて本当は塗装するのには向かない陽気だったんだけど、次の機会がいつなのか判らないしね

クリックすると拡大します
イレクターパイプで簡易の作業台兼塗装台を作りました
作業用シートと合わせて塗装ブースまで作ろうかと思ったんだけど、頻繁に塗装するワケでもないしね(^^;

クリックすると拡大します
一応、SUZUKI Sportのエンブレムをマスキング(かなりテキトー)
欠損部分については補修してません(^^;

クリックすると拡大します
ちょっと寒かったのでバケツにお湯を入れてスプレー缶を保温
人肌+αくらいの温度にしています
缶が温まるまでの間にシリコンオフで脱脂をしています

クリックすると拡大します
バンパープライマーを吹きつけているところ
普通のプラサフと違って無色なんだ.......

クリックすると拡大します
塗装中
写真では判りづらいですが、結構ムラがでています(^^;

クリックすると拡大します
無理な角度になりそうな場合は塗装対象を動かす、というのは基本ですね
でも、素人塗装なのでムラばかりです(^^;
あと、注意していたのに塗料のツブツブがかなり付着していました

クリックすると拡大します
塗料が乾くまで数日は寝かしておきたいところですが、場所も時間的余裕もないので3時間ほど放置してからクリアを吹いてしまいました
大丈夫かな?
つか、クリアが盛大にタレてるよ.....orz

あとはコンパウンドで磨きをかければいいのですが、面倒なので装着してからの作業とします
ホルツのスプレーを使って塗装しましたが、青空駐車で褪色したボディとどれくらい色差が出ているか心配です(^^;
装着するのは......いつなんだろ?
実は、これは友人Sのカルタスに装着するバンパーで、自分のはまだパテでの補修が完了してなかったりします

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://nyan.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/210

コメント (3)

kick!:

こんにちは!

メタリック系の塗料は常に缶を振っていないとメタリックのツブが揃わないんですよ・・・

とくに、缶を暖めると中のガス圧が上がって噴射が強くなるのでとそうめんのザラツキやツブが揃わない原因になります。

ただし、バンパーなどの広い面積を塗るときには缶を暖めて・・・といよりも常に缶の中のガス温度を一定以上の温度に保ってやらないとガス圧が下がって、さらにザラついたりします。

上手に塗るコツは10回くらい重ね塗りするつもりでとにかく薄く吹くことです。
途中の4~5回目位はやや厚めに塗ったほうが発色が良くなります。
とくに最後のほうはかなり薄めに(塗るときの手の動きを速くして塗装面に塗料がべったり着かない様にする)塗るとツブがきれいに揃います。

あと、全部そうだとは限らないと思いますが、私が使った範囲(10色位)ではホルツよりソフト99のほうが色が濃い(新車時の色?)ですね。

塗りやすさもホルツのほうが柔らかくて好きです。

猫人:

どもです
えっとツブというのは、噴射し始めの安定する前に飛び散るアレでして、吹き始めは明後日の方向に向けていたつもりだったのですが、いつの間に…って感じです
あとは、一回吹く度にシャカシャカ、スプレーを3本用意しておいて缶が冷えてきたら交換って感じで作業をやってました
(面倒で本文には書かなかったですが(^^;)
重ね塗りについては、用意したスプレーが少なかったので、全体で3回くらいでしょうかね
同色塗装だったので全体的にはいい感じの発色になっていますけど、やはりパテで補修した箇所はなかなか隠れてくれなかったです
色々と失敗や工夫すべき点は、次回の自分の分の塗装に生かしたいと思います(笑)

Kick!:

私もマーキュリーシルバーをライトスカイブルーの下地(捨て塗り)用に使ったのですが、ツブ(シルバーフレーク)が凄く細かくて苦戦しました。

まぁ私の場合は捨て塗りなのでそんなには気にしないで済んだんですけどね・・・

でもキレイにフレークが塗れた瞬間、「このまま全体をシルバーにしてやろうか・・・」なんて心が揺らいじゃいましたけど(笑)

コメントを投稿

About

2005年12月03日 22:06に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ポイント3倍!!」です。

次の投稿は「間違い電話」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

/YESTERDAY:Yesterday/ TODAY:Today