« 安全な水 | メイン | 運動不足 »

シャコタンブギ(違)

Y氏のMRワゴンの足周りを交換
取り付けたのはRS-RのiSHOCKという車高調
ウマ(ジャッキスタンド)に載せて、リア側から着手
スプリングコンプレッサを使わなくても交換ができるのは楽だなぁ
もちろん、調整式のラテラルロッドも装着

フロントはボンネット内が狭くてストラットタワーのナットを緩めるのが一苦労....といっても、持ち主であるY氏にやってもらったけど(^^;
「最近タワーバーをつけたばっかりなのに」とブツブツ言っていたのは聞かなかったことに(笑)
サスペンションを抜いてしまえばこっちのモン....ってiSHOCKって純正のアッパーマウントを使うの?
スプリングコンプレッサを持ってくるのを忘れちゃったんですが(汗)
イチかバチかアッパーマウント周囲を毛布で包み、エアインパクトでピストンロッドナットを緩めてみる
ボコン!!という衝撃と共にアッパーマウントが飛び跳ねたが、毛布を突き破る程ではなく一安心
反対側も同じようにアッパーマウントを外してiSHOCKに組み付け、車両に装着
そして、再び狭い空間に四苦八苦しながらストラットタワーのナットを締め込んでいくY氏(笑)

タイヤを取り付け、満を持してジャッキダウンしたら、イイ感じでローダウンがキマってる
クリックすると拡大します
つか、ジャッキポイントまでもが下がりすぎてジャッキ自体が抜けないんですが(爆)
ウケ狙いでコレもアリかと思ったものの、通勤にも支障が出るってんで、車高を上げてみる
規定値は31mm(だっけ?)となっていたが、あえて25mmに調整
ノーマル比で-15mmってことで、パっと見では下げている印象はない

いつも足周りのチェックに使っている路面が程よく荒れていてコーナーもそれなりにあるところを走ってもらったところ、ハンドリングは良くなったが、リアのバンプ(底付き)が気になるとのこと
やっぱりノーマルのパンプラバーのままだとストロークが足りないのかな

アライメント調整は既にショップに予約をしているということなので、その時に各部のチェックもしてもらうそうな

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://nyan.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/94

コメントを投稿

About

2005年07月09日 23:59に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「安全な水」です。

次の投稿は「運動不足」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

/YESTERDAY:Yesterday/ TODAY:Today