« スカパー復活 | メイン | 海猿(ドラマ) »

F/K Massimo STREET-R

FISCOの走行会に向けてのオイル交換
前のオイルも3000Kmくらい走ったのでちょうど良いタイミング

ネットショッピングで購入したF/K Massimoの Street-Rというもの
F/K Massimoは富士興産というメーカーのブランドで、自社精製オイルらしい
というか、カストロールの国内向け製品をOEMで提供していたってことなんで、品質は問題なしでしょ
しかし、5W-40の100%化学合成オイルが送料とか込みコミで1缶(4L)あたり3200円弱は安いよなぁ
カルタスにはオーバースペックなような気がするが(^^;
あと、販売が6缶単位ってのがツラいよ.......

ドレンボルトはフロント右タイヤの奥にあるので、ジャッキアップすればタイヤを外さなくても作業ができそう
ただ、無理な体勢になるので、タイヤを外した方が無難である
んで、ジャッキアップしようと思ったら、ホイールレンチがない......?
ラグナットを緩めるにはクロスレンチがあるからいいが、ホイールレンチがないとパンタジャッキを回すことができない
友人Sに電話をしたら貸してくれるという返事であったが、これから出かけるというので慌てて借りに走る
ギリギリ間に合ってホイールレンチを手に帰宅

廃油はちゃんとした廃油処理BOXを買ってきたが、オイルジョッキやオイルジョウゴがない
オイルジョッキが意外にも高かったので断念したのだが、使い捨てのオイルジョウゴくらい買った方が良かったな
ペットボトルを切断して簡易オイルジョウゴを作ったけど、500mlのペットボトルじゃ少々小さかった

オイル量もよく分からないので、オイルレベルゲージで確認しつつ少しずつ投入
やっぱりオイルジョッキを使った方が効率がいいよな(次回のオイル投入量の目安も判るし)
で、今回もIXLを添加したのだが、2回目以降は3%というので100cc程を投入
オイルが抜けきれてない分があるから、前回投入の分を考えると3%を超えちゃってるかも
でも、前回添加した分の有効成分がまだ残っているかも判らないしなぁ
まぁ、多少添加量が多かったとしても問題ないって話しだし、誤差で片づけられる範囲だろうしね

んで、100%化学合成な5W-40のオイルの効果は......正直なところ判りません(^^;
5Wになって粘度が多少低くなっているとはいえ、基本的に新油効果の方が高いだろうから単純に比較できんもんな
次の土曜日にY氏のところへ行くから、その時の高速巡行で違いが出るか楽しみにしておこう

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://nyan.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/91

コメントを投稿

About

2005年07月03日 23:05に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「スカパー復活」です。

次の投稿は「海猿(ドラマ)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

/YESTERDAY:Yesterday/ TODAY:Today